厚労省は新型コロナに感染した医療・介護従事者に対して、業務以外での感染が明らかな場合を除いて、原則労災と認める決定を下した。当然のことであるが、感染経路によっては疑義が出てくる可能性がある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
医療・介護従事者、業務で感染は「労災」
Yahoo!ニュース2020.4.30
 新型コロナウイルスに感染した医療・介護従事者について、厚生労働省は、業務以外での感染が明らかな場合を除いて、原則、労災と認めることを決めました。

 厚生労働省は新型コロナウイルスをめぐる労災についての考え方をまとめ、ホームページに掲載しました。それによりますと、医師や看護師などの医療従事者や介護従事者について、業務以外で感染したことが明らかな場合を除いて、原則、労災と認めるとしています。

 また、職場で複数の感染者が確認された場合や、小売業やタクシーやバスなどの運送業、育児サービスといった、客と近づいたり接触の機会が多い場合は、業務によって感染した可能性が高いとして、潜伏期間の間の仕事や生活の状況などを調べ、業務との関連性を個別に判断するとしました。(29日22:26)