千葉県でも介護関係者の新型コロナ感染が拡大している。ここ数日気になるのが住宅型有料老人ホームでのクラスターが発生し始めたことである。今回の鎌ケ谷市の住宅型有料老人ホーム「アヴィラージュ新鎌ケ谷」での感染は業務委託している訪問介護事業所の職員という。併設タイプなのか、外部委託タイプなのかであるが、外部委託タイプとすれば更に他の施設や居宅へと広がっている可能性がある。要注意である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
7/30コロナ速報_千葉県、千葉市、船橋市、柏市が計49人の感染確認、松戸市や市川市など5市が15人
鎌ケ谷市の住宅型有料老人ホームでも感染者

福井新聞2020.7.31
 千葉県で7月30日、49人の新型コロナウイルス感染が確認された。県と千葉、船橋、柏の各市が公表した。29日に並び緊急事態宣言解除後の最多となった。

 県によると、鎌ケ谷市の住宅型有料老人ホーム「アヴィラージュ新鎌ケ谷」で入居者3人と介護士2人の陽性が判明。これまでに他の介護士1人の感染が判明しており、県はクラスター(感染者集団)が発生したと判断し、対策チームを派遣した。感染した介護士3人は、いずれも施設が業務委託している訪問介護事業者の職員という。

 東京都や埼玉県に隣接する松戸や市川など五つの市の感染者は15人いた。