何故、マスコミはこのことをもっと報道しないのか?介護現場の労災死傷者数は昨年2年連続で1万人超の1万484人、対前年で4.4%の増となった。年代別では60歳以上が全体の31.8%と最多を占め、高年齢の職員の増加やコロナ対策に追われる現場の疲弊が明らかになった。特に介護現場の人手不足が深刻でベテラン職員が現場に残るケースが増えて、体力が低下した状態での無理がたたり、労災に繋がっていると厚労省は分析している。そこまでわかっているのなら何故、もっと支援の手を伸ばさない!医療だけでなく、介護従事者をも見殺しにする気か!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【独自】社会福祉施設の労災死傷者、2年連続1万人超…感染対策で介護現場疲弊
読売新聞2021.1.20
特別養護老人ホームなど全国の社会福祉施設で昨年発生した労働災害の死傷者数が2年連続で1万人を超え、過去最多を更新したことが厚生労働省のまとめでわかった。高年齢の職員の増加や、新型コロナウイルス対策に追われる介護現場の疲弊が背景にあるとみられる。 

厚労省がまとめた2020年の速報値によると、社会福祉施設で4日以上の休業を伴う労災の死傷者数は前年比4・4%増の1万484人。19年に初めて1万人を突破した後も、増加傾向に歯止めはかからなかった。  

年代別では、60歳以上が最多の3331人で、全体の31・8%を占めた。50~59歳が2952人(28・2%)で続いた。  

厚労省では、介護職場の人手不足が深刻で、ベテラン職員が担い手として現場に残るケースが増え、体力が低下した状態で無理をして労災につながると分析している。