孤独死リスク














孤独死が増加している。孤独死の原因は最も多いのは病死であるが、気になるのは女性の自殺である。男性の約倍となっている。そして死因不明が男女共に2割強となっているのが特徴である。残置物処理、原状回復費用で約60万円かかることになる。孤独死のコストが如何に高くつくか、高齢者の住居の問題と併せて考えるべきである。見守り付き住宅が必要なのである。我々は身寄りケアハウスを提唱している。【新みよりケアハウス「自立支援付き高齢者シエアハウス」の提案】http://lls.sakura.ne.jp/miyori2
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
平均年齢61歳。原因は●●が多い「第5回孤独死現状レポート」に見る孤独死の傾向
YAHOO NEWS2021.1.29
高齢の単身世帯が増えることで心配される「孤独死」。自治体でも、65歳以上の単身世帯への見守り支援が広がっています。しかし、2020年11月27日に発表された日本少額短期保険協会「第5回孤独死現状レポート」を見ると、「孤独死」は高齢者だけの問題でないことが強調されています。

<孤独死者の死因>
・病死(男性65.9%、女性57.2%)
・自殺(男性9.9%、女性17.4%)
・事故死(男性1.1%、女性2.9%)
・不明(男性23.1%、女性22.5%)「死因不明」が高いのも、孤独死の特徴といえそうです。

<残置物処理費用>
平均損害額 22.1万円(最高178.2万円)
平均支払保険金 22.4万円(最高50万円)

<原状回復費用>
平均損害額 38.1万円(最高415.8万円)
平均支払保険金 29.9万円(最高300万円)

<家賃保証費用>
平均支払保険金 30.8万円

■おひとり様時代のリスク

2040年には4割の世帯が単独世帯になるとの予測もあります(国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計(2018年)」)。周辺でも、孤独死が発生したという話が耳に入ります。