コロナの第3波による死者が急増している。昨年11月以降の第3波の死者は7400人を超え、中でも高齢者施設の集団感染が第2波までの5倍に増え、医療機関の3倍を大きく超えている。やはり高齢者施設での感染から死に至ったケースが増加してたのである。東京都で1~3月に亡くなった約1100人の感染経路を集計すると、6割近くが高齢者施設・医療機関という。恐れていたことが現実となっている。菅総理は3月5日に3万カ所の高齢者施設で3月中に全部で検査を行いたいと言っていたが、どうなったのか?一向に報告がなされない。早急に高齢者施設の定期検査を実施すべきである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第3波の死者、7400人超 第4波前にトンネル出口は
朝日新聞デジタル2021.4.5  
国内で新型コロナウイルスに感染して亡くなった人は、「第3波」の昨年11月以降で7400人を超え、死者全体の8割を占める。高齢者施設での集団感染が「第2波」までの5倍に増え、医療機関では3倍に増えた。大都市では死者の過半数がこうした場所で感染していた。流行が抑えられないまま爆発的に感染が広がり、死者が急増した。  

空港や港湾での検疫やダイヤモンド・プリンセスの乗船者を除くと、新型コロナの死者は3月末までに9173人。7404人は11月以降に亡くなった。感染が急拡大した北海道、東京、埼玉、千葉、神奈川、愛知、大阪、兵庫の8都道府県で4分の3を占める。   

厚生労働省によると、第3波の死者は60代以上が96%。特に80代以上が多く、67%となっている。  

 死者が急増した要因の一つは、高齢者施設や医療機関で感染が広がったことだ。厚労省が公表したデータを集計すると、今年3月末までで、高齢者施設で2人以上が感染した集団感染は1176件、医療機関で992件。昨年10月末までの累計と比べて、高齢者施設で5倍、医療機関で3倍になった。一方、飲食店は1064件で2倍にとどまった。  

東京都で1~3月に亡くなった約1100人の感染経路を集計すると、6割近くが高齢者施設・医療機関。家庭内は約1割、不明・調査中が約3割だった。大阪府でも同様の傾向で、府のまとめによると、10月10日から3月25日までの死者の54%は高齢者施設・医療機関のクラスター関連だった。