本日コロナワクチンを打ってきました。心して接種に臨みましたが、あまりにあっさり終わったのであっけにとられてしまいました。

接種した後の感想は2つ。
一つはこんなに簡単に打てるのに、何故、世の中は右往左往しているのかということ。かかりつけ医で一瞬にして終了しました。インフルエンザ注射の痛いイメージがありましたが、あっという間に終わってしまい、痛みもほとんどありませんでした。

二つはこんなに簡単にできるのに、何故たいそうな手続きばかりで接種に時間がかかるのかさっぱりわからないということ。高齢者でも若い人でもどこでも打てばよいのではないでしょうか。

注射そのものは5秒程度、15分の待機を待って20分以内には全て終了。医者が証明書を発行して行政に届け出をすればよいだけのことです。事前に接種券が住民票のある行政から発行され、予約を取るのに四苦八苦、接種券を張り付けて接種となるが、もし熱があったり、体調が悪ければ再度、予約の取り直しを余儀なくされます。

地域によっては医師会の協力が得られず、かかりつけ医でも接種できず、集団接種しか認めていない行政もあります。全くばかげています。こんなことをしていては犠牲者は増える一方、手続きはどうでもよいのです。目的は1日でも早く日本国民全員が接種をすることであり、そのために何をすべきかを考えるのが国や行政の仕事のはずです。

手続きが優先して、接種が遅れるという本末転倒な現象が日本を不幸に陥れています。

この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/