国土交通省が高齢者の賃貸に対して、遺品整理など死後事務手続きを第三者に委任する契約の見本を作成しました。高齢者賃貸で貸主が一番心配する部分の一つでもあります。
但し、高齢者賃貸のリスクはそれだけではありません。亡くなった段階での孤独死リスクが最大のリスクと言えます。家賃保証リスク、孤独死リスク、遺品等残置物処理リスクなどの総合的なリスクマネジメントが要求されるのです。そのマネジメントの一つとして遺品整理など死後事務手続きを第三者に委任する契約は有効と言えますが、問題はそれを誰が引き受けてくれるか、でしょう。
リスクマネジメント構造
















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
遺品整理など死亡後手続き 第三者に委任する契約書の見本作成
NHK NEWS WEB2021.6.21  
賃貸住宅に一人で暮らす高齢者が死亡したあと、遺品の整理などの手続きが進まないことも多く、こうした事態を避けたい大家が高齢者の入居を断るケースが後を絶ちません。このため政府は入居を希望する人向けにこうした手続きをあらかじめ第三者に委任する契約書の見本を作成し利用を促していくことになりました。 

 賃貸住宅に一人で暮らす高齢者などが死亡したあと、相続人と連絡がつかず、遺品の処理や契約の解除などの手続きが進まないことも多いため、賃貸住宅の大家のおよそ7割が高齢者の入居に拒否感を抱いているという国土交通省の調査結果もあります。  

こうした状況を踏まえ、国土交通省と法務省は入居を希望する60歳以上の人向けに亡くなったあとの手続きを相続人や第三者に委任する契約書の見本を作成しました。

  事前に契約を交わしておくことで入居者が亡くなったあとの手続きが円滑に進むようになり、これによって高齢者が入居を断られるケースを減らす効果も期待されています。  

国土交通省の推計によりますと、独り暮らしの高齢者世帯は2040年には現在より200万世帯近く増加する見通しで、政府はこうした契約を普及させて高齢者が住まいを見つけやすい環境を整備したい考えです。

この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/