介護職員の離職率が2019年10月から昨年9月までの1年間で過去最低の14.9%であったと報道された。決してこの数字は喜んでいいものではない。全企業の平均離職率が15.6%であり、それを下回った背景にはコロナがあるのではないか?コロナにより離職を余儀なくされた多くの職場に対して、介護のニーズは依然と高いために離職率が下がったとみるべきではないのか?現状ではコロナが過ぎ、他の産業が好調になれば又、同じことが繰り返されることになるであろう。本質的な問題は変わっていない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
介護職員の離職率、過去最低の14.9% 全産業の平均を下回る
介護のニュースサイト Join2021.8.24  
介護労働安定センターが23日に公表した最新の「介護労働実態調査」の結果 − 。介護職員の離職率が過去最低を記録したと報告されている。  

2019年10月から昨年9月までの1年間の離職率は14.9%。過去最低だった前年を0.5ポイント下回った。全産業の平均離職率は15.6%(2019年雇用動向調査結果)で、介護職員はそれよりも0.7ポイント低く留まっている。  

処遇改善加算の拡充、特定処遇改善加算の新設など累次の施策が効いている可能性もある。一時は20%を上回り、数年前までおおむね横ばいで推移してきた介護職員の離職率は、ここにきて低下傾向が表れてきた。  

介護職員の離職率を職種ごとにみると、ホームヘルパーが15.6%で相対的に高い。介護職員は14.7%、サービス提供責任者は14.9%だった。   

このほか、介護職の不足感を尋ねたところ60.8%が「不足」を選んだ。職種によってバラつきがあり、ホームヘルパーは80.1%、介護職員が66.2%、ケアマネジャーが32.0%、サ責が31.9%などとなっている。

この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:0120-196-119

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/