我々はこれまで多くの高齢者施設に入る方々の身元引受を主としてきたが、いよいよこれでは間に合わない時代になってきた。

全ての高齢者が施設に入れるわけもなく、65歳以上でみればわずか6%しか高齢者施設には入れないのである。健美家株式会社が整理したデータによれば、一人暮らしの高齢者は2000年には248万人だったのが、2015年には592万人になっている。2025年には751万人、204年には895万人まで拡大するという。その数は65歳以上人口の24.5%にも達することが予測されている。

またもう一つの問題は65歳以上の世帯主について持ち家が82.1%と高いが、単身者主世帯の持ち家率の66.2%となり持ち家率が低いことである。このことが何を物語るか?

今後単身高齢者の増加に伴い、賃貸で暮らさねばならない高齢者が急増することである。その受け皿に一般賃貸事業者がなることができるのか?

一人暮らしの高齢者のリスクは、孤独死だけではない、介護が必要になり、医療が必要となる。一般賃貸で果たして対応は可能なのか?孤独死保険や損害保険だけでリスクヘッジができる時代ではないのである。当然、様々なリスクヘッジの仕組みは必要だが、家族に頼れない身寄りのない大量の高齢者の身元引受と併せて、施設に入ることのできない低所得の高齢者の専用の住居と身の回りのお世話、とりわけ医療、介護のバックアップサービスは不可欠となるのである。そのような新しい住宅政策とサポートシステムが求められている。

我々はこのテーマに提携企業様と一緒になって真正面からチャレンジをしていく。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
増えていくシニアの一人暮らし。万が一の場合に大家をサポートする「孤独死保険」を点検
健美家株式会社2021.9.
 高齢化率は過去最高を更新シニアを取り巻く暮らしに変化  
日本が世界に類を見ないシニア大国なのは、ご存じの通り。総務省が今年9月20日の敬老の日に合わせた公表によると、日本の総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は29.1%と、過去最高を更新した。これは、2015年の国税調査を基にしたシニアの人口推計から導かれた数値で、65歳以上の人口は前年比22万増の3640万人(女性2057万人、男性1583万人)、団塊の世代を含む70歳以上人口も前年比61万増の2852万人を記録した。30%に迫る高齢化率は世界トップで、2位のイタリア(23.6%)、3位のポルトガル(23.1%)を大きく上回る水準だ。  

「働きたい」「働かないといけない」高齢者は確実に増えていて、引退したら年金や資産で悠々自適に暮らすというのはひと昔前のイメージ。それを示すかのように、高齢者の就業者数は17年連続で増え、906万人と過去最多を更新し、就業率も9年連続で上昇して25%を超えている。  

65歳以上の一人暮らしは男女ともに増えていて、2000年に男性74万人、女性174万人だったのが、2015年には男性192万人、女性400万人、65歳以上人口に占める割合は男性13.3%、女性21.1%となっている。ただし、今後も上昇する見通しで、2025年には男性268万人、女性483万人、2040年には男性355万人、女性540万人にまで拡大するという。
65際以上の一人暮らしの動向






















  

また、65歳以上の主世帯について住宅所有の状況を見ると、持ち家が82.1%と最も高いが、単身者主世帯の持ち家率が66.2%となり持ち家率は低くなる。すなわち今後は、賃貸住宅で暮らす単身高齢者はますます増えていくと考えられる。
65歳以上の住居の状況
















  

大家をサポートする孤独死保険が続々入居者の死亡後の損害を補償  
こうした背景もあり、高齢者を受け入れている賃貸オーナーは少なくないが、気になるのは単身高齢者の孤独死だ。東京23区の場合、2003年の1451件から2016年には3179件に増えていて、賃貸住宅で起きると家財の処分や特殊清掃・原状回復費用がかかり、家賃の値下げや空室といった損害が生じてしまう。大家からすると、かなりの痛手だ。  

そこで事前対策として注目を集めているのが、孤独死を補償する保険商品で、最近は各社から提供が始まっている。主な補償内容は「残置物処理費用」「原状回復費用」「家賃保証費用」の3点で、大家にとって避けられない損害をサポートする。

この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:0120-196-119

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/