衆議院選挙が迫る中、窮乏している介護人材不足にもっと焦点を当てて欲しい。医療も当然かもしれないが、現場の人手不足は限度を越している。

施設に入りたくても入れない、介護を受けたくても人材がいない。そのような現場の苦しみを代弁してくれる候補者が欲しい。現場を見て欲しいという切実な声が聞こえてくる。果たしてこの声は政治家に届いているのであろうか?
期日前投票が前回選挙よりも1.4倍増えているという。今まであきらめて選挙に行かなかった方々が一人でも投票に向かい、改善のための1票を投じてくれていることを信じたい!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〈衆院選鹿児島〉待遇、環境…「介護職場の窮状 知っているのか」 コロナ対策で負担増 人手不足に追い打ち 鹿児島
南日本新聞社2021.10.25  
鹿児島県内の高齢者施設で慢性的な人手不足が続いている。新型コロナウイルス感染拡大により、介護職員の負担は増す一方で、期待していた外国人材の受け入れも延期となるなど追い打ちをかける。衆院選では、各党が職員の待遇改善や人材確保策を掲げるが、解決への道筋は見えない。「現場をもっと知って」「具体的な施策を」-。関係者たちは悲痛な声を上げる。 

 「待遇が改善されれば介護を志す人材も多数入ってくるだろう」と話し、議論の深まりに期待をかける。  鹿児島労働局によると、介護分野の有効求人倍率は、2015年度は1.69倍だったが、20年度には3.45倍に。21年度は8月まで毎月2.42~2.79倍で推移しており、全分野の平均値1.21~1.32倍と比べ倍以上となっている。  

「介護福祉士など資格を持つ潜在的な人材は多い。現場に人が戻るためには、コロナ対策を含めた、介護分野への国の支援強化がほしい」と強調した。 

 柿添施設長は「候補者たちには現状を知り、うわべだけでない具体的な施策を考えてほしい」と訴えた。

この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:0120-196-119

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/