地方都市佐賀県でも空き家、空きビルを使った生活困窮者に向けた住居と食糧支援が始まっている。31万世帯の佐賀県で空き家が5万300件。空き家だらけといってよい。その空き家や空いたビルが新しい支援拠点となる。空きビルが「“コミュニティ・フリッジ”という“まちの冷蔵庫”と言われるものに生まれ変わらせようと考えている」コミュニティ・フリッジとは、生活保護を受けている人やひとり親世帯などを対象に食料品や日用品を無償で提供する取り組みです。利用登録した人は24時間いつでも取りに行くことができるというもの。もっともっと空き家を使った活用の幅が広がってくると考えられる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
空き家 空きビルが貧困問題に一役 支援拠点 「コミュニティ・フリッジ」とは【佐賀県】
Yahoo!ニュース - Yahoo! JAPAN2022.1.10 
  “5万300”これは佐賀県の空き家の件数です。20年前と比べると…2倍以上増加していることがわかります。佐賀内のSDGsへの動きを紹介するシリーズ、今回は、空き家や空きビルを活用して支援の拠点にしようという取り組みです。  

空きビルの扉開ける】「どうぞ」【空家・空地活用サポートSAGA・塚原功代表】「初めてお見せするかもしれませんけど実際、こういう冷蔵庫とか、冷凍庫とかイメージしてるんです。こちらの壁を使っていくと置けますよね」写真を見ながら話しているのは、佐賀市のNPO法人代表で空き家相談士の塚原功さんです。この日訪れたのは佐賀市の空きビル。築30年ほど経った5階建ての店舗兼住宅です。  

一方、塚原さんはこのビルが「支援活動の拠点になる」と言うのです。【空家・空地活用サポートSAGA・塚塚原功代表】Q・今後どんな場所になる?「“コミュニティ・フリッジ”という“まちの冷蔵庫”と言われるものに生まれ変わらせようと考えている」コミュニティ・フリッジとは、生活保護を受けている人やひとり親世帯などを対象に食料品や日用品を無償で提供する取り組みです。利用登録した人は24時間いつでも取りに行くことができます。

この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:0120-196-119

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/