無縁遺骨、無縁墓の問題解決前回は身寄りの無い人の葬儀、そして無縁遺骨、無縁墓の処理にどれだけのコストがかかっているかについて考えてみたが、これからも今と同じやり方をしていたので、一体どれだけのコストがかかるのか、気が遠くなりそうである。

成年後見人同様に後手後手となっては費用負担は増えるばかりである。もっと前の段階で、身寄りの無い人に身元引受サービス事業者が身元引受人となり、「身元引受契約」、「金銭管理契約」、「死後事務委任契約」を締結しておけばこれらの問題はかなり解決するのではないかと考える。

日常金銭管理と死後事務委任を行う契約を身元引受契約の段階で結んでおれば、日々の金銭管理を通して最後の葬祭、納骨費用を捻出することができる。そして、もし万が一亡くなった場合には葬祭の手配から納骨に至るまでをその資金で処理をすることができる、そして残ったお金をご遺族にお渡しをすれば全てが収まるのである。 

生保の方も葬儀は葬祭扶助で対応することはできるが、全てが葬祭扶助の対象になるものでもない。その人にお金が残っておれば、そこから葬祭費用を少しでも捻出して、足りない分を葬祭扶助に充てることもできるのである。又、納骨も現在は様々な受け入れ墓苑があり、我々のロングライフサポート協会では全国どこでも送骨(そうこつ)を通して、2万円以下で納骨が可能となる。クーポンを使えば17000円程度で行うことが出来るのである。問題は誰がやるかである。

問題はこられの処理をバラバラに各団体が行うのではなく、一貫して行うことができればどれだけの無駄を省くことができるのか、専門家や行政の方々は考えて欲しい。

私共の身元引受は上記の方法で、その方の生涯を通して、できるだけ自分の財産で身辺整理をして頂くことを念頭にご本人と一緒に終活に取り組まさせて頂いております。生保を受給されている方も然りである。やり方を工夫すればできるのである。是非、皆様と共に知恵を絞りたいと思います。