無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
高齢社会、貧困、子育て支援などの様々な社会課題が顕在化しつつあります。このような地域社会の課題解決に向けて家族に代わる「新しい身寄り社会」を創造する取り組みとして、2011年から①身元引受サービス②高齢者住宅低価格モデルの開発③中小零細高齢者住宅事業支援サービスを掲げた「ソーシャルビジネス」にチャレンジしています。

カテゴリ: 認知症ケア

認知症問題が医療の場から社会へと急拡大しているのはわかりますが、問題は認知症研究が進化しないことです。高齢化に伴い認知症患者の増加が予測されますが、その抜本的対策が遅れる一方で、社会問題としての認知症問題が顕在化してきているのではないでしょうか?認知症の問題行動の解析とその対策が求められます。
・・・・・・・・・・・・・
認知症問題、医療の場から社会へと急拡大【平成の医療史30年◆認知症編】
m3.com2019.1.17
 医療・臨床を取り巻く平成30年間を振り返る企画。平成より少し前の1985年、もともと心血管疾患の疫学研究として出発した久山町研究で、認知症の疫学調査が開始された。社会の高齢化で認知症が増加したのに伴い、1989年(平成元年)からは行政、医療現場、一般社会における認知症への対応が急速に拡大しつつある。(m3.com編集部・坂口恵)

 1989年(平成元年)はまだ「痴呆症」が一般的な呼称で、「認知症」への変更が厚生労働省や関連学会により提言されたのは2004年(平成16年)。国立長寿医療研究センター(当時・国立長寿医療センター)が設置されたのも同じ年だ。

 2000年(平成12年)には介護保険制度がスタートし、認知症の受け皿が医療機関から介護・福祉の場へと拡大した。2007年(平成19年)には、国立長寿医療研究センターがある愛知県大府市で起きた認知症高齢者の踏切事故により、鉄道会社が当事者の遺族に損害賠償を求める裁判が起きたり、高齢運転者による死傷事故が起きたりし、認知症に関する報道が盛んになってきた。2009年(平成21年)には改正道路交通法に高齢者の認知機能検査が導入されるなど、認知症は医療現場だけでなく、社会全般の問題へと急速に移り変わってきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

認知症の人の視点で描いた漫画、素晴らしいです。もっと早くこのような漫画が世の中に出てきて欲しかったと感じています。是非、参考にされて下さい。もっと沢山描いて下さい。期待しております。

介護職経験してから初めての創作物かも。
利用者さんの視点漫画。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分の中から何かが抜け落ちていく恐怖 認知症の人視点で描いた漫画が話題
おたくま経済新聞2019.1.15

 高齢化が進んでいる日本。寿命の延びと共に認知症を患っている人も右肩上がり。今や高齢者の7人に1人の割合で認知症患者がいるとも言われています。しかし、認知症についてあまりよく分かっていないまま介護している人も多く、介護疲れで家庭内のトラブルが発生する事も時折耳にします。そんな現状の中、認知症の人視線で見た日常をとらえた漫画がネットで話題になっています。

コミックス「40代女性マンガ家が訪問介護ヘルパーになったら」「中年マンガ家ですが介護ヘルパー続けてます」の著者であり、現在もヘルパー業と漫画家業を掛け持ちしている、吉田美紀子さん。介護職として認知症の人とも関わっていく中で、介護サービスを利用している認知症の人視線の漫画をツイッターに投稿しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

注文を間違えるレストラン














「母はデイサービスに行きたくない、働きたいと繰り返していた。人から必要とされることを欲していた」。そんな認知症高齢者の思いを実現する「注文を間違えるレストラン」が各地で広がりを見せています。認知症を生活機能障害としてとらえ、不足する機能を周囲がサポートすることで働くことのできる環境が実現できるといいですね。
・・・・・・・・・・・・・・・・
認知症、失敗も「まぁいいか」 「間違えるレストラン」と多様性
Yahoo!ニュース2019.1.13
  料理を運ぶのにも時間がかかる。テーブルを間違うこともある。でも、そのこと自体を楽しみませんか-。こんなコンセプトの「注文をまちがえるリストランテ」が先月のクリスマスイブに京都で開かれた。4人はいずれも認知症。普段は介護を受ける側だが、この日は違う。「体を動かすのが好き。どうにかできたかな」。おはなさん(68)は充実感を漂わせる。

「母はデイサービスに行きたくない、働きたいと繰り返していた。人から必要とされることを欲していた」。そんな時、東京で元NHKディレクターの小国士朗さんらが始めた「注文をまちがえる料理店」のイベントを知り、参加した。2017年9月。おしゃれなカフェでは、「キャスト」と呼ばれる認知症のお年寄りが、きれいに化粧をして生き生きと働いていた。
 「生まれ育った京都で同じ活動をしたい」。昨年3月に左京区の店を借りて晏子さんと最初のカフェを開催した。5回目となった同9月には、ホテルグランヴィア京都(下京区)で17人の認知症キャストが120人から注文をとり、料理を運んだ。
 「『まちがえる』という名称だけど、間違えることが目的じゃない」。だけど、多少の迷惑をかけることがあっても受容できる社会にしたい。団体名にもした「まぁいいか」の精神で。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

認知症介護の成功例や失敗例をデータベース化して認知症対策に生かそうという取り組みが研究チームで進められているとのこと。この分野の研究は我々も2000年から取り組み始めていましたが、うまくいきませんでした。何故、このプロジェクトが上手くいかないのでしょうか?

一般から広く事例を投稿してもらうだけではダメなのです。認知症介護を科学するという観点を持ち、問題行動の原因の仮設ー実証ー検証を繰り返し、改善目標を設定し、その改善データを科学的に検証するという専門的取り組みが不可欠なのです。その為には全国規模でそのデータを収集する仕組みをつくらねばなりません。誰が中心になってその仕組みを作るのか、恐らく1000人程度のサンプルからでも十分な成果を上げることが可能ではないかと考えます。その1000人の個体とそれを検証する仮説検証を誰が行うのかが問われているのです。当然、現場において行わねば成功しません。
・・・・・・・・・・・
認知症介護、知恵寄せて 成功・失敗例をデータ化
西日本新聞2019.1.7
 認知症に伴う物忘れや妄想などに、どう対処すればよいのか―。介護する家族の悩みに応えようと、成功例や失敗例の体験を広くインターネットで投稿してもらい、データベース化して知恵を共有する取り組みを高知大と大阪大などの研究チームが進めている。

 認知症は記憶や認識の障害だけでなく、怒りっぽさや妄想、不安などの「行動・心理症状」を伴うことが多いが、周囲の接し方や環境で、それらの症状は和らぐことが知られている。

 ただ、どんな対応が有効なのかは証明されていないため、研究チームが国の資金を受け、2016年に「認知症ちえのわnet」というサイトを開設した。


この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

当協会のfacebookページへのいいねはこちらをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

認知症保険がついに軽度認知障害から給付金が支払われるものが出てきました。65歳以上の4人に1人が認知症とその“予備軍"となる時代に、大変ありがたい保険です。保険業界もリスク計算ができてきたということでしょう。月払保険料は60歳男性で6150円、60歳女性は7805円となっているようです。ある程度お金を持っている人しか無理でしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・
【いま注目の認知症保険】軽度認知障害から給付金が支払われる保険も
ZAKZAK2018.11.16
 生命保険会社で取り扱っている認知症保険は、保険会社によって、給付金の支払い要件が異なる。

 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命が今年10月に発売した「リンククロス 笑顔をまもる認知症保険」の特徴は、軽度認知障害(MCI)から給付金の支払い対象となっていることである。

 軽度認知障害の人は、健常者と認知症の人の中間で、認知症予備群のようなもの。認知機能には軽度な障害はあるが、まだ病気ではない。多少の物忘れがあるものの、日常生活にはほとんど支障のないレベルである。

認知障害「リンククロス 笑顔をまもる認知症保険」は、軽度認知障害の段階から保障があり、初めて軽度認知障害と医師に診断されたときに「軽度認知障害一時金」が支払われ、その後、初めて認知症と医師に診断された場合は、「認知症一時金」が支払われる。「認知症一時金」の基準一時金額が200万円の場合、「軽度認知障害一時金」の額は5%の10万円、「認知症一時金」は190万円となる。

軽度認知障害と認知症の保障は、保険契約が有効になった日から181日目からスタートする。

保険期間が終身で、保険料は終身払い、軽度認知障害と認知症の基準一時金額が200万円、骨折治療給付金額(1回につき)5万円、災害死亡給付金が50万円の場合、月払保険料は60歳男性で6150円、60歳女性は7805円となっている。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ