無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
高齢社会、貧困、子育て支援などの様々な社会課題が顕在化しつつあります。このような地域社会の課題解決に向けて家族に代わる「新しい身寄り社会」を創造する取り組みとして、2011年から①身元引受サービス②高齢者住宅低価格モデルの開発③中小零細高齢者住宅事業支援サービスを掲げた「ソーシャルビジネス」にチャレンジしています。

カテゴリ: 未来の高齢者住宅

我々も注目している3Dプリンターで作る住宅が日本でも本格的に取り組みが始まりました。海外では大規模に集合住宅まで3Dプリンターでコピーをする時代になってきていますが、日本では兎に角、建築のイノベーションが起きません。世界からどんどん取り残されています。

人生の多くを住宅に投入する時代ではなくなりつつあります。この流れに日本は建設会社も国も異常なまでに固執しています。

我々が標榜する超低価格高齢者施設「5万円ハウス」も、3Dプリンター住宅や段ボールハウス等海外の技術を導入して試作するところまでこれたらと切望しています。関係の方々とのアクセスを試みています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「人々を30年住宅ローンから解放する」...かもしれない『3Dプリンター住宅300万円』今夏販売へ 目標は「車のように買い替えられる家」
YAHOOニュース 2022.6.22
   3Dプリンターで出力された家。価格設定はなんと300万円です。人々を住宅ローンから解放するかもしれない新技術とは一体どういうものなのでしょうか。

  「人間の最大の課題は30年の住宅ローン」3Dプリンター住宅「Sphere(スフィア)」 外装は美しい層を成し、まるでSF映画にでてきそうなこの建物。3Dプリンター住宅「Sphere(スフィア)」です。 

  (セレンディクス 飯田國大さん) 「日本で初の3Dプリンター住宅となります。車を買う値段で家が買える。例えば300万円とか」「じっとしていたらダメだなと」110社がプロジェクトの共同事業体に立尾電設(熊本県)の社長は国内では台数が限られた発電機を無償で提供 

  実は今回のプロジェクトには3Dプリンター住宅に可能性を感じた海外・国内の110社が共同事業体に名を連ねています。参加の仕方はそれぞれですが、熊本県で電気工事業を営む会社の社長は、国内では台数が限られた発電機をプリンターを動かすために無償で提供したり、社員を派遣したりしています。

この記事に関心のある方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:0120-196-119

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

高齢者に積極的に住宅斡旋を行っている不動産会社はわずか2%と、高齢者賃貸の厳しさを指摘する声が多い。もう少し高齢者住宅について研究する必要がある。

オーストラリアでは高齢者は4段階で住み替えることになる。第1段階は自宅、第2段階は定年後のリタイアメントハウス、第3段階は自立支援型のホステル、そして、4段階目は介護が必要になった段階でのナーシングホーム(介護付き有料老人ホーム)となる。 

日本は介護保険が始まって20年になるのに、依然として高齢者を対象とする住宅モデルが作られないのはなぜか。

相変わらず、自宅か施設か、又は病院かと、2段かしかないのである。その上で、自宅(賃貸住宅)で暮らす高齢者の孤独死を恐れて、賃貸住宅を貸し渋る。問題の本質は住み替え可能な高齢者の多様な住宅がつくられていないことにある。

しかし、日本では誰もこの問題を指摘しない。私はその責任は国と建設業界にあると考える。もっと多段階において制度を定めるべきなのに、依然として自宅以外は有料老人ホームという2段階で選択肢を狭めているのは国の制度設計のミスなのである。

それに輪をかけるよう高額な建築費が低所得者や自立支援型の多様な高齢者住宅の開発を狭めている。この2つの問題が解決しない限り、日本での多様な高齢者の住まい問題は解決しない。いつまで経っても、孤独死を恐れて賃貸しないことの根本的な問題に切り込むべきである。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高齢者の賃貸契約、乏しい仲介 「孤独死への懸念」二の足踏む
毎日新聞2022.1.3  
 高齢化が進む日本だが、一方で賃貸物件を探す高齢者が不動産業者に仲介を断られるケースは少なくない。  

全国宅地建物取引業協会連合会(全宅連)が2018年に全国の不動産関連業者を対象に行った調査によると、回答した355社のうち、高齢者に住宅あっせんを「積極的に行っている」と答えたのはわずか8%。その一方、「消極的」としたのは12%、「行っていない」は25%だった。半数以上の56%は「状況により判断する」と回答した。あっせんをしない主な理由は「孤独死への懸念」だった。

この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:0120-196-119

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

分譲を始めて半世紀、島根県の大規模団地(458世帯)での高齢化率は既に39.9%、5年後には、団地内の高齢者の半数以上が85歳になることも想定されるという。すごいことである。

全国で大型団地の高齢化が急速に進んでいる。従来の街づくりを医療・介護を巻き込んだ街づくりに変えてゆかねばならない。

我々も今、千葉県で新たな実験にチャレンジしようとしている。旧来の団地も、高齢者にとって生きやすい街に変身をしてゆかねばならない。その為に新しい高齢者の街づくりのコンセプトが必要とされている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【朝刊先読み!】高齢化率は39・9%の団地、生きがいづくり活動が成果

山陰中央新報デジタル2021.12.7  
 半世紀以上前の1968年に分譲を始め、島根県内の大規模団地の草分け的存在として知られる淞北台団地(松江市淞北台、458世帯)で、高齢者らの生きがい作りに自発的に取り組む「淞北台いきいきライフを推進する会」の活動が20周年を迎えた。高齢化率が市平均より10%高いが、要介護率は平均わずかながら低く、専門家は、全国のモデル的になり得ると、注目する。 

 高台にある団地には936人が住み、高齢化率は39・9%。市平均の29・9%を大きく上回る。スーパーなど店舗の集積地まで行くのに、勾配がきつい坂道を行かなければならず、住民の間で、健康維持に関する意識が高い。  

会は、自治会有志が2001年に発足させた。「みんな楽しく元気に老いていこう」を合い言葉に、健康講座や趣味のサークルを運営。このうち「カラオケを楽しもう会」や、「男の料理教室」など16グループに延べ205人が登録する趣味サークルは出会いや交流の場として活動の中核になっている。  

高齢化率が市平均を10%上回っているが、今年3月現在の要介護認定率は20・1%と市平均より0・2ポイント低い。この傾向はここ6年変わっておらず、高橋博会長(88)は「一過性の数字ではない。活動の通信簿だと思っている」と継続の成果を強調する。  

5日には、関係者が集まり20年間の活動を振り返った。5年後には、団地内の高齢者の半数以上が85歳になることも想定されるといい、住民による活動も限界を迎えつつある。

この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:0120-196-119

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

当然と言えば当然、市営住宅の上層階に住んでいた高齢者が下に降りてくる。札幌市が2016年度に転居しやすい制度を導入して以来、下層階への住み替え件数がそれまでの年間数十件から100件前後に倍増したという。
もっと全国でも積極的に下層階への移動を促進しべきである。そうでなければエレベーターの設置は不可欠である。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高齢者、低層へ転居進む 札幌市営住宅 制度見直し以降年間100件
北海道新聞2021.11.12
    札幌市の市営住宅の高い階に住む高齢者らが、低い階に転居しやすくする新制度を札幌市が2016年度に導入して以来、住み替え件数がそれまでの年間数十件程度から同100件前後に倍増していることが、市のまとめで分かった。高齢となり、階段の上り下りなど日常生活に不安がある高齢者らから好評で、市は「入居者の希望や生活実態に合った住環境の提供につながっている」としている。

この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:0120-196-119

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

セーフティーネット住宅の登録が進んでいるが、果たしてその実態はどうなのか。最大手のビレッジハウスは生活困窮者といえども、比較的に高齢者の数は少ないのではないか。確かに外国人留学生やシングルマザー、生活保護受給者といった性格弱者を対象としているが、その建物の規制をクリアーするのは簡単ではない。多くの不動産経営者が敬遠するのには、部屋の面積、耐震性、バリアフリー、スプリンクラー等のリフォームに難点を示す。更に、身体的リスクの高い高齢者を敬遠する傾向にあり、決して高齢者の受け皿になりえていないのが実態ではないか? 我々は多くを期待しない。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
セーフティネット制度施行から4年が経過、認知度に課題 ~前編~
全国賃貸住宅新聞2021.10.10  
 住宅確保要配慮者(以下、要配慮者)への賃貸住宅の供給を促進するため、2017年10月25日に施行された住宅セーフティネット制度の開始から4年になる。セーフティネット住宅の登録状況は、9月16日時点で60万742戸となり、当初国が掲げていた「10年間で50万戸の住宅の登録」は達成したものの、あまり認知されていないなどの課題も出てきている。同制度が機能するには国、地方公共団体、不動産会社、居住支援法人の連携が必要だ。

この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:0120-196-119

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ