無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
豊かな高齢者社会の構築に向けて、日々尽きることの無い気付き、出会いを綴って参ります。

カテゴリ: 未来の高齢者住宅

自立型高齢者住宅の動きが出始めています。もっと多くの種類が望まれます。問題は厚生省の管轄下でのモデルは期待できないことです。介護事業を併設しない純粋な自立型高齢者住宅の開発が望まれます。我々もそのモデルにチャレンジしています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

住宅・不動産、住まいやまちづくりノウハウ生かした自立型高齢者住宅に活路

宅産業新聞     2017年08月10日

サービス付き高齢者向け住宅(サ高住)は、2011年10月から今年6月末までの累計で約22万戸に達している。

供給主体は約8割が介護系と医療系で占められ、全体の約8割のサ高住には介護事業所などが併設されている。

専有面積は25平方メートル未満が7割以上というのが現状で、身の回りのことを自分自身で行える「自立」した高齢者には、サ高住は狭く、外出など介護が必要な入居者に配慮した制限もあり生活しにくかった。

一方、75~85歳の約8割は介護サービスを受けていない「自立」した高齢者であり、「自立型」のサ高住は不足している状態だ。

さらに、国による高齢者の自立生活支援により、可能な限り住み慣れた地域で生活する「地域包括ケア」の流れの中で、自治体を巻き込んだ再開発や地域活性化といったまちづくりの一環として自立型サ高住を整備する動きが活発化している。

サ高住供給主体のシェアが8・1%の不動産業者、0・3%のハウスメーカーは、住まいとしての居住性の高さやまちづくりを絡め、サ高住を含めた自立型の高齢者住宅に活路を見出している

無届老人ホームに警鐘を鳴らす記事が出ていますが、問題はその根本原因がどこにあるのかをしっかりと調査分析をして欲しいと思います。老人ホームという概念が形骸化し、意味をなさなくなっていることにどうして気づかないのでしょうか?制度疲労を起こしているのです。社説が一般論的過ぎます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
無届け老人ホームの増加 困窮者向けの法定施設に

高齢者の自宅をリースバックして住み続ける一つの提案です。纏まった資金が必要な時に自宅を売却して、そのご家賃を払って生活を続けるという方式です。問題はどれくらいの賃料になるかということでしょう。売却して、ダウンサイジングした住み替えをするのも一つの選択肢です。高齢者の住宅の選択肢が増えることは良いことです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
社説 高齢者自宅のリースバック 不動産業の未来につなぐ 

不動産業の公益性、社会性を高めるには人々の暮らしに具体的に役立つ仕事をすることである。空き家や空き地を活用して地域のコミュニティを再生したり、障害者や低額所得者などの賃貸住宅への入居をあっせんしたりすることである。飽くなき利潤追求のために〝おとり広告〟を仕掛けることなどもってのほかである。

日本は今後高齢者の数が増える。その人たちの老後の経済的不安を解消することも不動産業の重要な仕事になる。幸いなことに日本人の持ち家率は高い。60歳以上は約8割である。この貴重な資産を生かさない手はないだろう。従来から、金融機関によるリバースモーゲージはよく知られている。

しかし、これは地価の高い高級住宅地に自宅を持っているような人たちが対象になる。また、一部の銀行を除けば、将来の担保価値算定が難しいことなどもあり、積極的展開を図っている状況とはいえない。

郊外にあるため、資産価値が下がっているような自宅しか資産がない高齢者の生活不安を解消、もしくは軽減することこそ真に公益性、社会性の高い仕事といえるのではないか。そこで注目されるのが、最近取引実績が増えている「自宅のリースバック」である。

 様々な要因からまとまった資金が必要になったとき、自宅を売却して資金を得、その後は賃料を払いながらそのまま自宅として住み続けるというものである。某社は3年ほど前にこの事業を始め、既に600件以上の成約実績があるという。

高齢期の突然の資金需要は意外な方向からやってくることもあるようだ。例えば子供が事業に失敗して借金返済に迫られたり、離婚して慰謝料を払わなければならなくなるなど、現代社会はリスクを増している。

 もちろん、〝生涯居住権付き売買〟だから、売り値は相場価格よりも相当安くなることは覚悟しなければならない。ただ、リバースモーゲージは銀行から見れば〝融資〟だから、将来の返済が担保されなければならない。それに対し、リースバックはあくまでも不動産売買で、その後は賃貸借契約だから事業者側のリスクは限定的だし、利用者にとっては仕組みが分かりやすい。したがって、不動産業のニュービジネスとなる可能性を秘めている。

資産価値が低ければ当然、手にすることができる額も小さいが、リバースモーゲージのように最初から門前払いをくらうこともないのではないか。

更に言うなら、これを高齢者が取り残されたような郊外団地で進めた場合、将来は事業者(複数もありうる)と自治体が協議し、子育て世帯向けの戸建て団地に再生するなどのアイデアも考えられる。

 持続可能な社会づくりに貢献してこそ、不動産業の未来が開けてくる。



 

<前回に続く>

日本でもタイニーハウスが誕生しています。ご紹介しておきます。

Tiny House Japan タイニーハウスジャパン - tiny house japan タイニーハウスジャパン

小さな家を建てています。基礎の上ではなく、トレーラーのシャーシの上に建てる、移動できる家です。好きなロケーションでお気に入りの部屋でゆったりと時間を過ごしたい・・・・タイニーハウスと呼ばれる小さな家が世界中で生まれています。

大分県にある牽引型タイニーハウス制作拠点『タイニーハウスジャパン』の公式サイトです。

【購入可能】DIYで内装を自由に作り込める240万円の小屋「KIBAKO」で木に包まれる優雅な時間を。|日本発・タイニーハウス販売中!

“少し未来の住まい方”を提案する日本発のタイニーハウス「KIBAKO」

IMG_1371
こちらが6畳の小屋 KIBAKO「ノッポ」、オプションのウッドデッキ付きの一棟です


<前回に続く>

タイニーハウスは、このように小さなタイヤがついて牽引できるタイプのトレーラーハウスと呼ばれるものと、小屋やツリーハウスのような固定型のものがあります。標準的な広さは10~20m2程度、基本的にはワンルームマンション程度の広さが多いようです。

トレーラーハウス

タイニーハウスは、このように小さなタイヤがついて牽引できるタイプのトレーラーハウスと呼ばれるものと、小屋やツリーハウスのような固定型のものがあります。標準的な広さは10~20m2程度、基本的にはワンルームマンション程度の広さが多いようです。

出典: www.flickr.com(@liz west)

固定型ハウス

こちらは完全に固定されているタイプのタイニーハウス。敷地内に離れとして作る人もいるようですが、これがメインハウスとなる未来も近いかもしれません。

出典: www.pexels.com

↑このページのトップヘ