無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
高齢社会、貧困、子育て支援などの様々な社会課題が顕在化しつつあります。このような地域社会の課題解決に向けて家族に代わる「新しい身寄り社会」を創造する取り組みとして、2011年から①身元引受サービス②高齢者住宅低価格モデルの開発③中小零細高齢者住宅事業支援サービスを掲げた「ソーシャルビジネス」にチャレンジしています。

カテゴリ: 単身社会

2025年には751万世帯が単独世帯(独居老人)になると予測されます。全てが貧困世帯になるというわけではありませんが、中流サラリーマンが貧困に陥るリスクが高まっています。貧困老人に共通でみられる特徴として、生涯独身、離婚者が多く、日常生活における孤独も際立つといわれます。独居と貧困の相関関係を社会問題として捉え対策をしなければなりません。
・・・・・・・・・・・・・・
中流サラリーマンが“貧困老人”に…お金だけではない孤独問題
エキサイトニュース2019.6.23
 「真面目に働いていたはずなのに、悲惨な老後が待っていた」。これが今の日本の現実なのだろうか。普通の勤め人として中流以上の生活を送ってきたのに、彼らはなぜ生活苦に陥ったのか?

◆真面目なサラリーマンが“貧困老人”になる時代

多数の「貧困老人」を取材すると、彼らは最初から下流生活だったとは限らず、むしろ普通に働いてきた人たちばかりであることが生々しかった。生涯独身、あるいは離婚したという人が多く、日常生活における孤独も際立っていた。

◆750万人が“独居老人”に…孤独という大問題

 2025年には、「世帯主が65歳以上」の高齢者世帯が2103万世帯となり、これは全世帯の38.9%に上る。さらに、高齢者世帯のうち676万世帯が「夫婦のみ」、751万世帯が「単独世帯」。つまり751万人が“独居老人”になることが予測されている(国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計-2019年推計-」)。

貧困高齢者たちは居場所を求めて彷徨(さまよ)っている。これは、年金や生活保護だけで解決できる問題ではない。老後に向けた自身の「準備」が大事なのだ。

 これまでSPA!が取材した貧困高齢者たちは、総じて無気力だった。貧困ゆえの無気力なのか、無気力ゆえの貧困なのかはおくにせよ、人生に夢や希望はとうてい抱けないようだった。「老後の楽しみ」という言葉が、これほど虚しく感じられることはない。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ある女性の婚活支援アドバイザーが婚活相談に訪れるクライアントの為に、福祉、法律と様々な分野の勉強会に参加しているという暖かいお話です。婚活の前に自身の生活を安定させる必要のある人が多く、医療、介護、貧困といった複雑な課題を抱えているケースが多く、その姿はあたかも絡み合った木の根のようだといいます。我々、身元引受人も同様です。身元引受と同時に様々な課題を抱え込むことになります。相続問題、借金問題、葬儀・納骨の問題、残余財産処分の問題、施設退去先の斡旋、様々な問題が木の根の如く絡み合った終活支援に直面することになります。それを一つ一つ解決するのが身元引受人の仕事です。毎日が勉強です。
ライフサポート協会身元引受サービス概要


















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
木の根
中日新聞2019.6.3
 知人の婚活支援アドバイザーの女性はフットワークが軽い。福祉、法律とさまざまな分野の勉強会に参加する。

 「なんで、そんなに勉強会に行くの」。不思議に思って聞いてみたことがある。答えは「私の力だけでは、その人を根本から幸せにできないから」だという。

 実は、女性の元を訪れる相談者は、婚活の前に自身の生活を安定させる必要のある人が多い。親の介護のため長期間働くことができずに収入が低いなど、医療、介護、貧困といった複合的な課題を抱えているのだ。複雑に絡み合った木の根のようだ。

 「結婚したい」。その願いをかなえるため、彼女は勉強会に足を運び、幸せの鍵を探しに行っていたのだ。幸せになるのは難しいのか。そう思ったが、彼女の温かさに救われた気分だ。 (蓮野亜耶)


この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2015年9月2日ごろ裁判所から一人の弁護士が成年後見人を解任されました。2001年頃から2008年頃までの間、3件の成年後見人などに就任しましたが、関係者から裁判所に対し、被懲戒者と連絡を取ることができないなどの苦情が複数回にわたり寄せられ、さらには、裁判所から被懲戒者に対する連絡などにも対応しなかったことが理由と言われます。この弁護士が昨年10月に業務停止1か月の処分を受けたというのです。弁護士という専門職として、3人の後見人になりながらその職責を果たさなかったことの懲罰がこの程度で皆さんは納得されるのでしょうか?信じられません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【弁護士】〇〇  東京:業務停止1月
NET-IB NEWS2019.3.12
 処分の対象者:〇〇

登録番号:××

所属:第一東京

処分の内容:業務停止1月

処分理由の要旨
⑴被懲戒者は、2001年頃から2008年頃までの間、3件の成年後見人などに就任した。しかし、関係者から裁判所に対し、被懲戒者と連絡を取ることができないなどの苦情が複数回にわたり寄せられ、さらには、裁判所から被懲戒者に対する連絡などにも対応しなかったため、2015年9月2日ごろ、裁判所から成年後見人を解任された。
⑵被懲戒者は、2012年8月から2015年10月までの3年間にわたり、
1.    受任事件を長期間放置
2.    被懲戒者と連絡を取ることができない
3.    受任事件について説明義務を尽くさない
4.    事件関係資料を返還しない
などの問い合わせや苦情が合計7件、所属弁護士会の市民窓口に寄せられていた。
同年8月6日および同年11月5日に、所属弁護士会から苦情申出に係る事件の速やかな処理や預かり品の返還などに対応し、事情を報告するように各書簡で求められたにもかかわらず、一切回答しなかった。

処分が効力を生じた年月日:2018年10月27日

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

横須賀市内で独居高齢者の火災による死者が急増しています。アパートの一室を焼くなど、火災としては小規模だが、被害が大きくなっているのが特徴で、出火原因として、電気関係やたばこの不始末が目立つと市消防局は火災防止を呼びかけています。差したままのプラグにほこりが積もり、湿気など水分を含んで発火するケースがある」など、独居で身の回りのお世話ができないことも一因になっているようです。独居のリスクはこんなところにもあります。
・・・・・・・・・・・・・・・・
横須賀で火災急増 目立つ高齢、独居者の死者
カナロコ(神奈川新聞)2019.2.22
 今年に入り、横須賀市内で火災による死者が急増している。20日までに8人が亡くなり、2人だった昨年1年間の既に4倍に上る。特に1人暮らしのお年寄りや就寝中が目立つという。火災件数自体も大幅に増えており、市消防局は火の元の確認を徹底するよう呼び掛けている。 

 市消防局によると、20日までの火災件数は34件。前年同期に比べ、20件増えた。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

都会のひとり暮らしに経済格差が加わることで孤独死数が増える傾向がみられるとのことです。このことを「ぼっち化」と言っています。「都会では年収350万円を切ると“ぼっち化”が危ぶまれる。女性のように、お金をかけず、世間話だけで他人と繋がれるスキルを持っているかどうかが明暗を分けるでしょう」(結城康博氏)
・・・・・・・・・・・・・・・・・
東京23区の孤独死数、40~50代のワーストは?高級住宅街も油断はNG
Yahoo!ニュース2019.2.21
 誰にも気づかれず、適切なケアを受けることもできず、一人寂しく死んでいくのは確かに怖い。

 だが、それ以上に怖いのは「孤独であること自体が死の原因になる」という事実だ。ぼっちの最終型である“孤独死”のデータをひもとくと、高齢者の孤独死は田舎と都会の両方で発生している。

居住エリアでぼっち格差が発生も!

 例えば、限界集落など交通手段の乏しいエリアに住む人々が孤立してしまった結果、だ。しかし、40~50代の現役世代に目を向けると、一転して“都会の孤独死”が増えるという。

「理由の第一は、都会では一人暮らしをしている人が多いということですが、ここに経済格差が加わることで、さらに孤立化が際立っていきます」  言うまでもなく、都会は物価や家賃が高い。そしてもちろん、社交にもカネはかかる。

孤独死が多い街 ≒ 年収ワーストの街

 東京23区内の、40~50代男性の孤独死ランキングを見ても、ワースト上位の区は、「年収」部門でもワースト入りしているのが目立つ。

=================
<40~50代の孤独死件数ワースト5(平成29年)>
1位 足立区  124人【年収ワースト1 339万円】
2位 江戸川区 112人【年収ワースト3 358万円】
3位 世田谷区 96人
4位 大田区  83人
5位 板橋区  77人 【年収ワースト3 360万円】
5位 練馬区  77人

※東京都観察医務院「自宅住居でなくなった単身世帯の者の統計」(平成29年)、総務省家計調査」(平成29年)より編集部作成

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ