無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
高齢社会、貧困、子育て支援などの様々な社会課題が顕在化しつつあります。このような地域社会の課題解決に向けて家族に代わる「新しい身寄り社会」を創造する取り組みとして、2011年から①身元引受サービス②高齢者住宅低価格モデルの開発③中小零細高齢者住宅事業支援サービスを掲げた「ソーシャルビジネス」にチャレンジしています。

カテゴリ: 未来の日本

2035年には独居老人の数は841万人となると予測されています。1980年の88万人に比較して50年間で10倍に膨れ上がることになります。その最大の原因は男性の生涯未婚率の上昇にあります。社会の構造そのものが大きく変質してきているのです。孤独死の死因の半数以上は「病死」によるものですが、30歳代では半数以上、40歳代でも25以上が「自殺」が死因となっている。これに対して、60歳代の割合は10以下でしかないと言われます。年間3万人の自殺者と3万人の孤独死が生まれる国ってなんなんでしょう。このままでは日本の国自体が壊れてしまいます。
・・・・・・・・・・・・

2035年、独居老人841万人の衝撃 孤独死の発見者は誰だ!?(鷲尾香一)
ニコニコニュース2018.10.28 
 厚生労働省の「民生活基礎調」によると、1980年に「子供夫婦と同居」していた65歳以上の高齢者は52.5だったのに対して、2016年には11.4にまで減少している。つまり、約5人にひとりが「独居老人」となっているわけだ。


国立社会保障・人口問題研究所が発表した「日本の世帯数の将来推計(全推計)」によれば、2035年に独居老人は841万人にまで増加する。1980年には88万人しかいなかった独居老人は10倍に膨れ上がり、約4割の高齢者が独居老人となる。

この背景には、男性の独居老人の増加がある。女性高齢者の独居率は、2000年17.9。15年に21.8と増加し、40年には24.5と推計されており、較的に緩やかな増加傾向をたどる。ところが、男性の独居率は2000年に8.0だったものが、15年には14.0に、40年には20.8に増加すると推計されている。

原因は、男性の生涯未婚率の増加だ。65歳以上高齢者の未婚率は推計で、2015年男性5.9女性4.5だったが、40年には男性14.9女性9.9に増加する。

孤独死の死因の半数以上は「病死」によるものだが、30歳代では半数以上、40歳代でも25以上が「自殺」が死因となっている。これに対して、60歳代の割合は10以下でしかない。

むしろ、独居老人に「孤独死」のイメージが強いのは、その発見までにかかる時間によるところが大きい。孤独死の発見者は、親族が約30、住居の管理会社が約25、福関係者と他人(隣近所の住人など)が約16、友人が約13となっている。

つまり、親しい親族や友人といった「気にかけてくれる人」の存在がある場合には、較的にく孤独死が発見されるが、「賃の滞納」や「異臭」などが孤独死の発見のきっかけとなる場合には、発見までの期間が長くなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

知的障害者のご家族が家族と障害者の高齢化に如何に対応すべきかといった議論がなされています。「子供を誰に托したらいいのか」大変ご心配かと思います。弊社もお付き合いのある社共様からのご紹介で、ご家族から離れて障がい者グループホームで生活をされる方の金銭管理のご依頼を受けました。いずれ自立をせねばならないといった思いから、ご相談をされたものですが、ご家族の高齢化で不安な思いは同じでしょう。社会のバックアップの仕組みが必要です。
・・・・・・・・・・・
「子どもを誰に託したらいいのか」知的障害者家族の不安 600人が今後考える大会
神戸新聞2018.10.24 
 障害者福祉の在り方について話し合う「全国知的障害者施設家族会連合会 全国大会in ひょうご」(神戸新聞社後援)が23、24の両日、神戸市垂水区のシーサイドホテル舞子ビラ神戸で開かれた。知的障害者の家族や行政、福祉関係者ら約600人が参加。障害者福祉サービスの現状を学び、問題点や今後望む施策などについて意見を交わした。

 同連合会などが2005年から開いており、神戸での開催は10年に次いで2回目。24日は「どうする? 家族とわが子らの高齢化」をテーマに、参加した施設職員や家族らが、それぞれの取り組みや思いなどを共有した。

母親は「自分も年を取り、子どもを誰に託したらいいのか。家族がみることを前提にすると、限界がある」と不安を打ち明けた。別の家族は「施設で最低限度の医療的ケアを充実させてほしい」と求めた。専門家からは「これからは介護施設でも障害者がいることを前提とした設備や人材配置に変えていかないといけない」といった指摘もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

女優の樹木希林さんが亡くなり、私もその生き様に共感をした一人ですが、同じように人生の最後を見事に締めくくった5人の実例が紹介されています。人生の最後を他人任せにしない、そうありたいと思います。
・・・・・・・・・・
希林さんのような"見事な最期"5人の実例
人生の最期を、他人任せにしない

PRESIDENT Online2018.10.08
 女優の樹木希林さんが9月15日に自宅で息を引き取った。その“生き様”には多くの共感が集まっている。介護アドバイザーの鳥居りんこ氏は「希林さんは娘さんに『(私を)置き去りにして』と言った。この言葉のように、人生の最期を他人任せにしたくないと考える人が増えているのではないか」という。鳥居氏が接した5人の“見事な最期”について紹介しよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

AIが介護を変えていくのは間違いないことだと思います。しかし、人手不足の介護現場でAIは果たして万能でしょうか?確かに予防や見守り、プラン作成にAIは有効かと思いますが、最後はヒューマンスキルに頼らざるを得ないのではないでしょうか。資金力のない介護施設はAIから取り残され淘汰されるというのには今一、抵抗感があります。
・・・・・・・・・
AI介護、雇用収縮......2030年、AIで日本の職場と家庭はどう変わる?
竹内一正(作家、ビジネスコンサルタント)
Newsweekjapan2018.09.13

<新刊『物語でわかるAI時代の仕事図鑑』が予測する、近未来の日本社会にAIがもたらす大変革とは>

人工知能(AI)について多くの本が出ている。だが、肝心のAIを使うのにいったいお金がいくらかかるかは書いてないし、そもそもAI時代とはどのような未来なのか実感が持ちにくいという声も聞く。

そんな人たちが参考にして欲しいのは、AIが至る所に進出した2030年の日本を舞台にした未来小説『物語でわかる AI時代の仕事図鑑』(宝島社)。AI がもたらす社会変化とその光と影が、6人の職業人の展開するドラマによってわかりやすく描かれ、新たな働き方へのヒントが見えてくる。

日本の高齢化は進み、介護現場で人手不足が叫ばれている。今後、介護現場にもAI化の波はやってくる。

本書の物語では、福岡県の市役所の介護課で働く青木沙織という係長が登場する。彼女は仕事柄いろいろな介護施設を見てきた。2030年、資金力のある大手介護事業者が経営する施設は、介護士がワイヤレスの耳型端末を付けて、介護AIからの指示で作業を行う。「見守りAI」が高齢者の行動から危険を予知し介護士に伝えて、予防行動を行うのが日常の作業になっていた。

一方で、資金力のない介護施設はAI化から取り残されていく。





このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

これまで2回にわたって大阪あいりん地区の取材記事をご紹介して参りました。全国の高齢者街づくりのモデルになるのではないかと注目をされていますが、そのきっかけは大阪市が西成特区構想で2013年に開設した「ひと花センター」といわれます。人と人とのつながりが失われた高齢者が集い、ボランティアや労働のプログラムを通して社会とのつながりを再生する取り組みを始めています。様々な困難を抱える人たちが排除されない街づくりにチャレンジしています。大変勇気づけられます。
・・・・・・・・・・・・
[老いをどこで]地域「あいりん地区から」(下)生きがい 社会とつながる
読売新聞2018.08.06

 大阪市西成区の「あいりん地区」は、未婚や離婚などの事情で独り暮らしの男性が多い。働けなくなり、人とのつながりが失われた高齢者は、深刻な孤立状態に陥りがちだ。社会とのつながりを再生する取り組みが求められている。

大阪市が西成区の地域再生を目指して始めた「西成特区構想」のもと、2013年に市が開設した「ひと花センター」の案内だった。


 仕事やすることのない中高年の生活保護受給者の中には、パチンコや酒で時間をつぶし、家に閉じこもった末に体を壊す人がいる。そこで市は、生きがいを見つけられる居場所として、地区にセンターを作った。演劇や書道などの文化活動のほか、住民の依頼を受けて公園の草刈りやごみ拾いをするボランティア、農園で野菜を育てて住民にお裾分けする活動など、地域の役に立てるプログラムもあるのが特徴だ。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ