無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
高齢社会、貧困、子育て支援などの様々な社会課題が顕在化しつつあります。このような地域社会の課題解決に向けて家族に代わる「新しい身寄り社会」を創造する取り組みとして、2011年から①身元引受サービス②高齢者住宅低価格モデルの開発③中小零細高齢者住宅事業支援サービスを掲げた「ソーシャルビジネス」にチャレンジしています。

カテゴリ: マーケティング

福祉車両となるとミニバン、そんなイメージがありますが、実際に高齢となり足腰が弱るとセダンやワゴンが適しているという指摘です。なるほどと思います。確かにミニバンの乗降は高齢者も介護者も一苦労です。今後は改めて高齢者を対象としたセダンやワゴンが注目を浴びそうです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ミニバンの乗降は高齢者も介護者もひと苦労!セダン&ワゴンが注目される理由
Yahoo!ニュース2019.6.1
 足腰が弱るとステップの高さが大きなハードル

トヨタが最近推進している過疎地域での公共の移動手段として、ミニバンを基にしたウェルジョインが誕生した。まとまった人数で移動する際のミニバンの有用性はもちろんある。だが、ある年齢に達した高齢者や、体調がよくないとか、体に障害のある人にとって、ミニバンは必ずしも最適な福祉車両にはならない側面もある。

個人が高齢者の世話をするには、4ドアセダンやステーションワゴンが適している。公共でまとまった人数を移動させたり、事業者が高齢者や障害者を介護したりするなら、ミニバンや軽自動車のトールワゴンがいいだろう。そのような車種の使い分けが、福祉車両には不可欠だ。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

オンライン診療が保険診療の対象となりましたが、普及はまだまだこれからです。今回、一般社団法人がん哲学外来がオンライン診療システム「リモケア」の提供を開始します。その内容に注目です。我々も地域包括ケアの切り札として新しいコミュニケーションシステムを検討しています。基地局を低コストで設置し、患者や医療・介護、そしてサポート企業が無料で参加することのできる新しい仕組みを考えています。6月にはご紹介できるかと思います。期待して下さい。
・・・・・・・・・・・・・
医療者と患者の負担を軽減し、在宅医療を身近に!オンライン診療システム「リモケア」4月1日から提供開始
朝日新聞2019.4.19
 一般社団法人がん哲学外来 リモケア事業部(所在地:東京都千代田区)は、在宅医療を身近にする高セキュリティなオンライン診療システム「リモケア」のサービスの提供を4月1日から開始いたしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/181949/LL_img_181949_1.jpg
オンライン診療システム『リモケア』

オンライン診療システム「リモケア」: https://www.remo-care.net/
リモケア
















■「リモケア」提供の背景
2018年、テレビ電話などによるオンライン診療が、保険診療の対象となりました。在宅患者さんやその家族にとって、また医師や介護従事者にとっても、オンライン診療を取り入れていくことは、さまざまな負担の軽減に繋がります。しかし導入においては、情報漏えいのリスク、機器の操作など、多くの問題がありました。「リモケア」は、誰もが簡単に扱える高セキュリティなオンライン診療システム。医師をはじめ、看護師、介護士などが、時間効率を高め、情報共有によってチーム医療体制を拡充し、ひいては地域医療を継続することを目指しています。

■リモケアの特長
<簡単操作で、最高水準のセキュリティシステム>
「リモケア」のオンライン診療では、医師、看護師、患者などの全ての利用者が、専用端末からアクセスします。専用端末の起動には、世界No.1※レベルの顔認証技術を導入、登録者以外は端末を起動することができません。また、携帯回線のネットワーク上に「リモケア」専用の閉域環境を構築、加えて、専用サーバーでデータ保守を行うなど、最高水準のセキュリティシステムを用意。不正アクセスや紛失・盗難などのリスクにも対策を施しています。利用者が、特段のセキュリティ知識を持たずとも、高セキュリティが保たれる仕組みを実現しました。
※米国国立標準技術研究所(NIST)による動画・静止画の顔認証性能評価で第1位を獲得したNECの技術を導入

<他社とも円滑な情報共有を実現>【2019年8月サービスイン予定】
同一事業者間での情報連携はもちろん、必要な手続きを行えば、他の事業者間の端末をオンラインで繋ぎ、チーム医療体制を組むことが可能です。医師とは異なる事業所の、訪問看護師、介護士、訪問薬剤師などが、患者の申し送り事項を時系列でスムーズに共有できます。また、患者宅に設置する端末は、事業者間での乗り入れ利用が可能。地域包括ケアシステムを、オンライン上でも実現することができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

すごいサイトができたものです。事故物件の流通を促進するための不動産活用サイト「成仏不動産」ができました。
果たして需要はどうなのでしょうか?恐ら不動産の流通価格は安くなるのでしょうが、果たして市民権を得られるでしょうか?厳しいかも?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
日本初の事故物件専門取り扱いサイト「成仏不動産」需要アリ!?
東スポWeb2019.4.4
 事故物件専門取り扱いサイト「成仏不動産」がオープンした。事故物件とは、事件・事故が原因の死亡や自殺のほか、孤独死などが発生した不動産のことだ。運営する不動産会社「NIKKEI MARKS」(横浜市)営業部の佐藤祐貴さんによると、これまで事故物件を含む広義の訳あり物件(暴力団事務所と距離が近いなど)を扱う業者や、事故物件を知らしめるだけのものはあったが、事故物件を専門に取り扱うサイトは日本初だ。果たしてそんな不動産業が成り立つのか。

不動産が事故物件になると、どれだけ価値が下がるのか。「幅はありますが、売却価格は5~9割減ります」(同)。オーナーにとって大打撃だが、それだけ下げても売り抜くことは難しいという。多くの人が「死んだ人のいた部屋はイヤだ」と敬遠する。

 しかし、通常の仲介業者と違って、最初から事故物件しか取り扱わないため、「売りたい・貸したい人」も「買いたい・借りたい人」も気持ちよく取引ができるのだという。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

日本の分譲マンション史上、衝撃的な出来事が起きています。新潟県・湯沢町のリゾートマンションが今や廃墟と化しているという報告が住宅ジャーナリストの榊淳司氏からなされています。5000万円した分譲リゾートマンションの資産価値はほぼゼロで、10万円で売り出されている物件も多数あるとのこと。
1万5000戸あったリゾートマンションは今や姥捨て山状態に。一体どうしてこのようなことになってしまったのでしょうか。バブル崩壊の悪夢か、それとも日本の分譲マンションの行く末の姿なのか。
・・・・・・・・・・・・・・・

5000万円が実質ゼロ円に…マンションはこのまま廃墟化するのか
【榊 淳司】5000万円がゼロ円に…「廃墟化」するリゾートマンションの悪夢 これは「現代の姥捨て山」か
ivedoor2019.3.21
 「終の棲家」であるはずのマンション。しかし、このままでは数十年後、多くのマンションが「廃墟化」するという。どうすればマンションが「粗大ゴミ」になるのを食い止められるのか? 『すべてのマンションは廃墟になる』の著者で、住宅ジャーナリストの榊淳司氏は、バブル期に建てられた新潟県・湯沢町のリゾートマンションが、まさに現在「廃墟化」していると指摘。その驚きの実状を、明らかにしてくれた。

最終的に、湯沢町には約1万5000戸分のリゾートマンションが建設されたという。

それで、現状はどうなっているのか。かなり悲惨である。

まず、そういったリゾートマンションの資産価値は、ほぼゼロと考えていい。10万円で売り出されている物件も多数あるが、成約事例が多いとは思えない。

一方、競売案件を調べてみると、多くの物件が備忘価格になっている。備忘価格とは実質ゼロ円なのだが、帳簿上ゼロ円だと存在しないものとされるので、形だけ価格をつけておく、というもの。競売開始額が1万円とか5万円に設定されているのだ。

つまり、裁判所も、湯沢町の多くのリゾートマンションは実質ゼロ円だと見做しているのだ。

かつては3000万円から5000万円以上で販売されたリゾートマンションが、今やその価値がゼロ円だと見做されている。これは日本の分譲マンションの歴史における、かなり衝撃的な出来事ではなかろうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

1日百食限定の飲食店、佰(ひゃく)食屋でシングルマザーや障害者も働くことができる働き方改革を実現している一人の女性経営者がおられます。株式会社minitts(ミニッツ)の中村朱美さんがその人です。彼女が取り組むそのお店の運営方法はまさに目からウロコです。食品ロスゼロ、全従業員が18時退社で有休完全消化、今までこのような経営モデルを作ることが出来た人がいたでしょうか。感服します。学ばせて頂きます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
キャンセル率0.1%、ひとり親も介護者も障害者も18時退社で有休完全取得、働き方改革のお手本の飲食店
Yahoo!ニュース2019.3.16
 京都市で3店舗の飲食店、一日100食限定の佰食屋を経営する、株式会社minitts(ミニッツ)の中村朱美さん。筆者は2017年5月から、その働く姿を追いかけてきた。働き方改革と食品ロスほぼゼロで数々の受賞。東京都が主催した食品ロス削減セミナーで発表する中村さんを取材した。

中村朱美さん(以下、中村):株式会社minitts、2012年に設立した会社です。資本金500万、現在、飲食店事業で年商1億2,000万ぐらいの規模の飲食店を経営しております。飲食店は、現在3店舗を経営しております。

数々の受賞歴ー飲食店での働き方改革、ワークライフバランス、食品ロス削減など

夫の最高の「最後飯(さいごめし)」で飲食店の常識を覆す新しいビジネスモデルが1日100食限定のお店、佰(ひゃく)食屋です。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ