無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
高齢社会、貧困、子育て支援などの様々な社会課題が顕在化しつつあります。このような地域社会の課題解決に向けて家族に代わる「新しい身寄り社会」を創造する取り組みとして、2011年から①身元引受サービス②高齢者住宅低価格モデルの開発③中小零細高齢者住宅事業支援サービスを掲げた「ソーシャルビジネス」にチャレンジしています。

カテゴリ: マーケティング

未病に関するビジネスが今後拡大するという投資筋の情報です。8月24日には国内初の「未病EXPO2018」が開催されます。経済産業省は2020年には10兆円市場を目指すと、今後の産業支援に意欲的に取り組んでいます。今後期待される事業としてビッグデータを活用した予防医療の実証事業が挙げられています。未病対策事業が今後進化を遂げそうです。
・・・・・・・・・・・・・
【特集】“未病”対策に活あり、人生100年時代到来で重要キーワードに <株探トップ特集>
株探ニュース2018.08.11

 病気になる一歩手前の状態である「未病」に関するビジネスが拡大しそうだ。65歳以上の人口が3割近くを占める超高齢社会を迎え、医療や 介護にかかる費用がさらに増加することが予想されるなか、病気の予防が今後ますます重要になってくる。今月24日からはパシフィコ横浜で未病をテーマとした国内初の展示会「未病EXPO2018」が開催される予定で、これをきっかけに新たな投資テーマとして浮上する可能性がある。

●政府、関連市場規模10兆円を目指す
 厚生労働省によると、2016年時点での日本人の平均寿命は女性が87.14歳、男性が80.98歳と世界で最高水準にある。一方で、健康寿命(介護を受けたり、寝たきりになったりせず、自立した生活ができる期間)は女性が74.79歳、男性が72.14歳で、これは多くの人が約10年にわたって介護や医療を受けながら暮らしていかなければならないことを意味する。

 医療の高度化で平均寿命が一段と伸び、健康寿命との差が広がれば、医療・介護給付費がさらに増大することになり、内閣府では18年度見込みの約50兆円から25年度には約63兆円、40年度には約95兆円になると試算。費用を抑えるためには健康寿命を延ばすことが必須で、未病が注目される大きな要因となっている。

 安倍政権が昨年9月に「人生100年時代構想推進室」を設置し、誰もが活躍できる社会の実現を志向するなか、未病への対策は超高齢社会を乗り越えるキーワードといえる。経済産業省は「健康寿命延伸産業創出推進事業」などに取り組んでおり、同省は20年に関連産業の市場規模10兆円を目指している。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

矢野経済研究所が介護ロボット市場を予測しています。2018年には19億3200万円、2019年には28億6000万円、2020年には33億7500万円、2021年には37億6500万円と推定しています。3年間で約2倍の成長が予測されています。介護ロボットの本格的な展開が始まります。これまでの試験研究段階から普及段階にはいっていくのでしょうか。
・・・・・・・・・・・・
【矢野経済研究所プレスリリース】介護ロボット市場に関する調査を実施(2018年)-2018年度の国内介護ロボット市場は前年度比134.7%の19億3,200万円の見込-
ニコニコニュース2018.08.08
株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2018年度の介護ロボット市場を調査し、タイプ別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにいたしました。

2018年度の国内介護ロボット市場は前年度比134.7%の19億3,200万円の見込
~介護ロボットの本格的な展開が始まる~


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ローソンの介護拠点併設の動きが加速度化しています。調剤薬局併設、介護相談窓串併設と機能強化を図っています。全国でドラッグストアーが拡大をしていますが、コンビニのドラッグストアー化も今後は進んでいくのではないでしょうか。新たな業態転換が進んでいるように思います。
・・・・・・・・・・・・・・・
ローソン/介護拠点併設型店100店に拡大、栄養相談にも対応
流通ニュース2018.08.01

 ローソンは8月1日、介護相談窓口を店内に併設したケア(介護)拠点併設型店舗(ケアローソン)を100店程度に拡大する方針を明らかにした。同日、文京区にでリニューアルオープンした「ローソン千駄木不忍通店」で、竹増貞信社長が語った。

千駄木不忍通店は、調剤薬局を展開するクオールがFC加盟店として運営する店舗で、第2類・第3類医薬品(OTC医薬品)の販売を行うほか、「ローソンクオール薬局千駄木不忍通店」を併設している。

リニューアルに伴いイートインスペースを13席に縮小して、医療法人社団の龍岡会が運営する介護相談窓口と栄養相談窓口を新設した。ローソンが栄養相談窓口を設置するのは初めての取り組みとなる。

竹増社長は、「親の介護の課題を抱えるお客様が増えている中で、介護相談できる場所が少ない。また、自分自身の栄養状況がどうなっているのか知らない人も多い。薬局の機能のほか、介護相談・栄養相談もできる機能を店舗に付加することで、街の健康への課題を解決していきたい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

介護関連の製品やサービス市場が拡大しています。高齢者リハビリテーション関連、生活用品関連、生活用品関連の成長が見込まれますが、中でも見守り市場は、現時点では高齢者施設での需要が高いが、在宅介護の拡大や独り身世帯の増加により、高齢者施設以外での活用拡大が期待されています。25年には、17年比93.8%増の124億円になると予測されています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
介護関連製品・サービス市場拡大 25年見守り市場は17年比193.8%
財形新聞2018.07.28 

 富士経済は26日、豊富な製品やサービスの品質向上により、介護保険に依存しないビジネスに向かいつつある高齢者/介護関連製品・サービス市場の調査結果を発表した。
高齢者の人口増加を背景に堅調な拡大が予想されており、市場規模は、2017年の6千億円強から、25年には9,254億円へと成長すると見込んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「スマイルケア食」という言葉の認識が不足していました。「スマイルケア食」は、農林水産省が2014年11月に発表した、「介護食品」を新たな視点でとらえ直した食品で、噛むこと、飲み込むことが難しい人のための食品だけでなく、低栄養の予防につながる食品、生活をより快適にする食品という広い領域としてとらえたものです。同省は、小売店などで商品を選択する際に活用できる早見表も策定しました。今後市場の拡大が期待されています。
・・・・・・・・・・・・
高齢社会で市場拡大 注目高まる 介護食品「スマイルケア食」
(日本農業新聞2018.6.22)

農水省が普及する新たな介護食品の「スマイルケア食」への注目が高まってきた。スマイルケア食の識別マークの利用許諾を受けた加工食品は120品を超え、中には農業法人が手がけたものも登場する。超高齢社会を迎え、拡大する介護食品市場。スマイルケア食への期待はこれまでになく高い。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ