無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
高齢社会、貧困、子育て支援などの様々な社会課題が顕在化しつつあります。このような地域社会の課題解決に向けて家族に代わる「新しい身寄り社会」を創造する取り組みとして、2011年から①身元引受サービス②高齢者住宅低価格モデルの開発③中小零細高齢者住宅事業支援サービスを掲げた「ソーシャルビジネス」にチャレンジしています。

カテゴリ: 医療・介護制度

高齢者の介護移住を促進するために住所地特例制度がありますが、これの対象枠を拡大する議論が始まったようです。グループホームなどこれまで対象外だったものを受け入れるように改善を求める声が多いとのこと。大いに結構なことですが、ついでに地域密着型の規制も取り払ってはどうでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
高齢者の介護移住促進(住所地特例の対象拡大) 、自治体の負担ならす議論開始

2019.11.14

厚生労働省は14日、介護施設に入る高齢者への給付費を入る前に住んでいた自治体が負担する「住所地特例」制度の対象を拡大する議論を始めた。認知症の高齢者が共同生活する「グループホーム」などは対象外で、受け入れる自治体が改善を求めていた。高齢者の地方移住は進まず、財源負担の不公平感をいかに払拭するかが課題になっている。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

高齢者の要介護度認定の規制緩和?が議論されています。介護認定を求める高齢者が増えた為に、認定調査員の要件を緩和し、ケアマネ以外でも対象とし、更に、更新時の有効期間を現行の36か月を48か月まで延ばす方向で調整を進めるそうです。48か月も介護度が変わらない人はおられるのでしょうか。意味のないことに時間を費やします。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
要介護認定、有効期間を最長4年に延長 調査員の要件も緩和 厚労省
介護のニュースサイト Joint2019.11.15
 高齢者の要介護認定をめぐり、厚生労働省は更新時の有効期間を最長で48ヵ月まで延ばす方向で調整を進めていく。認定調査員の要件を緩和し、委託先の一部でケアマネジャー以外が担えるようにすることも検討していく。

14日に開催した社会保障審議会・介護保険部会で提案。委員から大筋で了承を得た。認定の質が下がらないようくぎを刺す声も出たため、慎重にディテールを詰めていく構えだ。実施までのスケジュールを問うと、老健局の担当者は「2021年度が念頭にあるがまだ明言できない」と応えた。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2017年に佐賀の老人ホームで入所者の胃ろう用カテーテル(管)を引き抜いたとして傷害罪に問われ、その後、3年を経過して無罪が確定した女子職員に対して、施設の対応に端を発する適用障害病を発症したとする労災認定されました。労災認定だけで済む問題ではありません。3年間の失われた時間は戻ってきません。施設側の責任も極めて重いと言わざるを得ません。当然民事へと移行するものと思われます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
無罪の介護職員を労災認定、佐賀
ロイター2019.11.15

 佐賀県嬉野市の養護老人ホームで入所者の胃ろう用カテーテル(管)を引き抜いたとして傷害罪に問われ、その後無罪が確定した職員の女性(34)が労災認定されていたことが14日、分かった。女性の代理人の吉田俊介弁護士が明らかにした。施設から自宅待機を命じられた直後に適応障害を発病したと判断されたとしている。

 2014年、入所していた高齢男性の管が相次いで抜けた際、施設側は担当者の女性が抜いたとして15年2月、出勤停止と自宅待機を命じた。女性はその後逮捕、勾留を経て、17年に佐賀地裁が「女性が抜き取ったとするには合理的な疑いが残る」と判断し、無罪判決が確定した。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

案の定、令和2年度の診療報酬改定について人件費など医療機関の収入に直結する本体分は引き上げ、薬価部分を引き下げ、合計でマイナス改定とするのが政府の方針のようです。本格的な医療改革に取り組むのではなく、医師会の顔をたて、薬価引き下げでマイナスを演じる、いつもの譲渡手段です。いつまでこのようなことを続けるのでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
診療報酬マイナス改定へ 人件費は引き上げ方向
産経ニュース2019.11.14
 政府は13日、医療機関にサービスの対価として支払う診療報酬に関し、医療費抑制のため令和2年度の見直しで全体の改定率をマイナスにする方向で検討に入った。薬代などの「薬価部分」を引き下げる。医師らの技術料や人件費に当たる「本体部分」は引き上げる方向で、年末の政府予算編成での最終決定に向け、関係団体や政府、与党内の調整を本格化させる。

診療報酬は本体部分と薬価部分で構成され、原則2年に1度改定される。全体では過去2回、マイナス改定が続いており、前回の平成30年度は0・9%引き下げた。内訳を見ると、人件費など医療機関の収入に直結する本体部分は、自民党の有力支持団体である日本医師会の強い要望を受け0・55%引き上げたが、薬価は市場価格に合わせる形で引き下げ、マイナス1・45%とした。今回は本体部分の引き上げ幅が0・55%を上回るとの見方が強い。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

現役看護師が作成した絵本を模した画像で看護師の仕事をTwitter上で伝えたところ、その内容に介護士をはじめ、多くの共感の声が上がっています。人の生死が常にある現場で、患者のために身を粉にして頑張る人たちの善意があるからこそ、日本の医療現場はギリギリのところで支えられています。


看護師さんたちの善意を当然と思わず、私たち一人ひとりが問題に目を向けていく必要があるでしょうというコメントに全く同感です。介護も同様ではないでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「いつもニコニコ」 現役看護師が作成した『絵本』 衝撃の告白に、ゾッ…

BIGLOBEニュース2019.11.12

 看護師として15年以上働いている看護満太郎(@kangomantaro)さん。

Twitter上に絵本を模した画像で看護師の仕事を伝えたところ、その内容に多くの共感の声が上がっています。

あなたの前の看護師は本当に笑っていますか?

看護師の仕事を優しく説明している画像。しかし最後の1枚では厳しい現実が突きつけられます…。

患者に寄り添い、回復の手助けをする看護師。患者の命を預かる重責を負う上に、夜勤や立ち仕事も多く、体力・精神力ともに求められます。

そんな大変な職場にも関わらず、慢性的な人手不足や長時間労働などが問題になっており、志半ばで辞めてしまう人も多いといいます。

【ネットの声】

・4枚目が切実すぎる。みんなにこの現状を知って欲しい。

・介護士ですが、激しく共感しました。働き方改革って何なんでしょうかね。

・看護師の仕事は好きだけど、これで身体を壊して私は辞めてしまいました。

コメントの中には一部「看護師になりたくてなったんだから、愚痴をいうな」といった声も上がりました。

しかし、人の生死が常にある現場で、患者のために身を粉にして頑張る人たちの善意があるからこそ、日本の医療現場はギリギリのところで支えられています。

看護師さんたちの善意を当然と思わず、私たち一人ひとりが問題に目を向けていく必要があるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ