無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
高齢社会、貧困、子育て支援などの様々な社会課題が顕在化しつつあります。このような地域社会の課題解決に向けて家族に代わる「新しい身寄り社会」を創造する取り組みとして、2011年から①身元引受サービス②高齢者住宅低価格モデルの開発③中小零細高齢者住宅事業支援サービスを掲げた「ソーシャルビジネス」にチャレンジしています。

カテゴリ: 医療・介護制度

2017年12月時点で629万人が後7年間で770万に、そして要介護度者は全高齢者の18.1%から21.3%に上昇します。最も増加率が高いのは千葉県1.37倍、そして神奈川県1.35倍、埼玉県1.34倍と首都圏に集中しています。
この状態で介護は後退しています。要支援を対象とした自治体の総合事業からは介護事業者は撤退し、介護施設は人材不足で開けられず、巷に高齢者の孤独死や異常死が急増する。その原因は介護の人材不足に対していつまでも手を打たず、介護保険抑制に血眼になっている政府の無策にあります。
・・・・・・・・・・・・・

 要介護高齢者770万人に 25年度、現在の1.22倍 (共同通信社2018.05.20)
 65歳以上のうち介護が必要になる人が、7年後の2025年度には全国で現在より約141万人増え、1.22倍の約770万人と推計されることが、47都道府県の介護保険事業支援計画を基にした共同通信の集計で20日、分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

最近、介護現場でパワハラやセクハラを介護者が受けるケースが増えてきているのではないかと懸念しておりましたが、ついに殺人未遂事件が起きてしまいました。思いたくはないのですが、介護の人手不足もその一因になっているのではないかと心配しています。介護される方も、介護する方もコンフリクトが高まっていることが予測されます。介護の現場でもコンフリクト・マネジメントが必要とされる時代となってきたのでしょうか?
・・・・・・・・・・・・・・
特養職員刺される 殺人未遂容疑で入所の87歳男逮捕 高崎署
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

介護人材の不足はピークに達しています。茨城県でも有効求人倍率は約5倍、全国的にみても高い数字になっていますが、ここにきていよいよ現場は逼迫しています。

最近の事例では派遣会社による夜勤専門の人材で1回が3万9000円、介護スタッフ1日の派遣料が1万9200円となっています。これではいくら人材不足でも派遣を使うことができません。経営が成り立ちません。いつまでこのような状態が続くのでしょうか。

介護施設ではご入居の候補者は沢山おられますが、介護の人材不足のために受け入れが出来ません。このままでは在宅、介護離職の流れは益々加速度化しそうです。

介護離職は結果としては企業からの人材流出を招くことになります。医療・福祉の人材確保が後手に回ることが結果としては産業構造弱体化の道をたどることになるのではないでしょうか。

この記事をおもしろかったという方は、
LINE@やtwitterのフォロー、facebookのいいねボタンの応援クリックお願いいたします。
LINE@でお得な情報を配信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

twitterで最新の情報を発信。登録は下記ボタンをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓

当協会のfacebookページへのいいねはこちらをクリック。
↓↓↓↓↓↓↓
※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※ ※

【本ブログについてのお問い合わせ】

一般社団法人ロングライフサポート協会

TEL:050-3786-4790

E-mail:info@ll-support.jp

【一般社団法人ロングライフサポート協会について】

当協会は身元引受と法人コンサルの両面から高齢者の生活を支援する企業です。

身元引受は身寄りの無い方がご入居する際のサポート、葬儀サポート、金銭管理から、独居の方の電話による見守り業務まで幅広くおこなっております。

コンサルとしては、長年にわたる経験から、時代を先取りした”未来”をお届けするものです。介護報酬の改定やいろいろなリスクを勘案し、行政申請から内部監査、予算の見直しまで含めた総合的なものスポット的なものを取り揃えております。
高齢者支援サービスでお困りの際はロングライフサポート協会までお問い合わせください。

サポート協会URL:http://lls.sakura.ne.jp/
身寄りドットコム:http://miyori-support.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

親子じゃないけど家族です。素晴らしい言葉です。富山型デイサービス「にぎやか」のご紹介です。「あなたと出会えて本当に良かった」と言って頂ける環境を作りたいものです。
・・・・・・・・・・・・・
(中日新聞2018年5月15日)

 
 富山型デイサービス「にぎやか」(8) 生き方 ずっと支える
 「私、あなたと出会えて本当に良かったと思ってるの」。

十年ほど前に読んだ阪井由佳子著「親子じゃないけど家族です」という本を思い出し、運命の赤い糸に引かれるように、にぎやかと出合った。

にぎやかは約四カ月間の休業中に、二つの取り組みを手探りで始めた。一つは毎週日曜日の「にぎやか食堂」。昨今、全国で急増中の「こども食堂」だが、実は子供だけでなくお金があっても家族がいても、大人になっても温かい家庭料理を必要としている人はたくさんいる。介護が必要な人だけが集まるデイサービスのような場所ではなく、世代を超えてつながれるような場所をつくりたいと始めた。にぎやか定食は五百円。回を重ねるごとにお客さまも増えてきた。

 もう一つの取り組みが「お手伝い代行サービス」だ。「お困りごとから楽しみまで」というキャッチフレーズで、ごみ出しのお手伝い、ペットのお世話、そして外出援助まで、個々を尊重した「その人らしい生き方」を支えていくことを目的にしている。


 親子じゃないけど家族です。にぎやかは死ぬまで自分らしく生きることのお手伝いを続けていきます。 (理事長 阪井由佳子)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ついに介護予防から撤退する事業所は全国1708市区町村の内、676自治体で撤退意向が確認されました。事実上制度の破綻です。早急に見直しを行うべきです。何でいつまでも対策をしないのでしょうか?撤退を事実上容認している厚労省に疑問です。
・・・・・・・・・・・
「介護予防」から撤退する事業所、4割の自治体に
(読売新聞2018.05.15)

 比較的元気な高齢者に介護予防サービスを提供する事業所のうち、事業から撤退する意向を示したケースが、4月時点で4割の市区町村にあることが、厚生労働省の調査でわかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ