無尽灯

医療&介護のコンサルティング会社・一般社団法人ロングライフサポート協会代表理事 清原 晃のブログ
豊かな高齢者社会の構築に向けて、日々尽きることの無い気付き、出会いを綴って参ります。

カテゴリ: 社会・文化

寒い日が続きますが、高齢者の低体温症に要注意です。体温が35度以下に低下した場合に低体温症と診断されるようです。低体温症を予防するには、お部屋を20度以上に保つこと、重ね着をすること、そして温かい食べ物を食べること、この3つがポイントのようです。気を付けたいと思います。

産経ニュース2018.2.11 07:00

高齢者は要注意、低体温症…体の中と外を温かくして予防を

冬まっただ中です。救急外来には、夏は熱中症の患者が救急受診されますが、それに負けず劣らず、冬は意識のないお年寄りの低体温症の患者が多数搬送されてきます。低体温症とは、生命の危険にさらされるほど体温が低い状態をいいます。

 体温が35度以下に低下した場合に低体温症と診断します。低体温症になると、はじめは体が激しく震えます。さらに体温が低下すると、震えが止まり、意識が薄れ、やがて意識を失い昏睡状態に陥ります。さらに病状が進むと心拍や呼吸が弱くなり、最終的には心臓が停止します。体温が31度を下回ると死亡する可能性がありますが、大半の死亡例は体温が28度を下回った場合です。

 冷たい屋外で横たわる、水に浸かる、風にあたるなどの寒い環境に身をさらす、また病気や外傷、泥酔などで動けなくなる、さらにはこれらの条件が重なった場合、体温は異常に下がります。特に高齢者は、体を温かく保って寒さに適応する力が弱く、低体温症に陥りやすいです。高齢者は、屋内にいても寒い部屋で何時間もじっとしていると、低体温症になることがあります。

 低体温症の初期であれば、暖かい場所で毛布にくるみ、熱い飲みものを飲ませることで回復しますが、低体温症が進行して意識のない状態で発見された場合は、救急車を手配すべきです。病院に到着すると、体の表面を温めるだけでなく、温かい点滴などを与えて、体温を上げる努力をします。低体温症のために心肺停止状態で病院に搬送された人でも、後遺症なく回復した事例があるため、私たち医療従事者は患者さんの体が温まり、それでも心拍の再開が見られないと判断するまでは、蘇生のための医療行為を続けます。

しかしながら、何と言っても低体温症にならないことが大切です。特に高齢の方々は以下のことに注意していただければと思います。
(1)周囲の温かい環境を保ちます。高齢者は室温を低めに設定することが多いですが、室温は20℃以上にしましょう。
(2)衣類の重ね着も大切です。外出時は帽子や手袋を身につけたりもしてください。
(3)温かい食事をとるようにしましょう。食べものは体の熱を生み出すための燃料の蓄えとなりますし、温かい飲みものは体を温め、脱水も予防できます。飲み物といっても、お酒などのアルコール飲料は禁物です。アルコールが体の血管を広げることで一時的に体が温まったように感じますが、実際には多くの熱を放散させてしまうからです。

 以上のことを行えば、ほとんどの場合、低体温症の予防は可能です。冬の寒さもあと少しだと油断せず、低体温症にならないようお過ごしください。

 (県立医科大学 救急集中治療医学・脳神経外科 講師 藤田浩二)

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

不眠に関する続編です。ストレスをためない、不眠を克服するのに役立つ食品について紹介されています。1位は緑茶とホワイトティ―(中国茶のようです)、2位はカモミール、3位はシナモン・・・と言われます。せめてこれらの食品でリラックス効果を得るようにしてみてはいかがでしょうか?
・・・・・・・・・・・・
不眠に打ち克つための3つの簡単な方法

© Fotolia/ Nishihama
テック&サイエンス

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

60歳以上のストーカー加害者の数が増加しています。余り表にでませんが、介護の現場でも見受けられる光景です。現場の苦労が絶えません。元気がいいのも考えものです。
・・・・・・・・・・・・・・
増加する高齢者同士のトラブル "シニア・ストーカー"の実態


AbemaTV2018.02.09 18:25




 高齢化社会が進行する中、「好きです」「SEXしたい」など115通のメールを男が女性に送って逮捕されるケースなど、性欲を爆発させてしまった高齢者が暴走するケースが増えている。


 60歳以上のストーカー加害者の数は、2009年から1000人近く増加し、2016年には2111人にも上っている(警察庁資料)。さらに65歳以上の強姦検挙人数は30年前と比べるとおよそ9倍、強制わいせつは21倍以上に増加している(「犯罪白書」)。

今月2日には和歌山県御坊市の住宅で67歳の女性が遺体、80歳の男性が意識不明の重体で発見された。男性のもう1人の交際相手であった谷本マチ子容疑者(64)は「彼氏(80歳男性)の顔や頭などを拳などで殴った」と供述しているという。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

孤独死ばかりが話題にのぼる今日この頃ですが、このようなご夫婦もいるのですね。99歳のご主人と94歳の奥様、お二人で結婚75年を迎えるようです。結婚70年を超えるとプラチナ婚というようです。このお歳でご自宅で生活、病気なし、介護なし、こうありたいものです。
・・・・・・・・・・・・・・・
わが家で寄り添い75年 福岡県大刀洗の中山さん夫妻 病気知らず、末永く一緒に

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

下記の週刊ポストの記事には賛成しかねます。介護アドバイザーの横井孝治氏のお話は入居一時金1000万円、完全自己負担の場合には月額40万円と大変高額な老人ホームを前提としています。
多くはこのような老人ホームに入ることはできません。ほんの一握りの富裕層が対象と捉えるべきかと思います。
全国平均からいっても、現在は入居一時金を取らない施設が主流であり、月額費用も全国平均で15万円前後ではないでしょうか。極力自宅で暮らせる内は外部サービスを受けながら持ちこたえ、遅くならない時期(80歳から85歳ごろ)に入居が望ましいと思います。期間はやはり4年から5年をみておけば良いかと思います。

一番重要なのは施設選びです。これにはしっかりと調べて自分に最適な施設を選ばねばなりません。
我々もお手伝いをしておりますので、何でもご相談下さい。最適な施設についてアドバイスさせて頂きます(無料)。http://lls.sakura.ne.jp/
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
老人ホーム「早く入って長く暮らす」のが得になるケース多い

マネーポスト2018年2月10日 15:00

老後は住み慣れたわが家で暮らしたいと考える人も多いだろうが、健康状態によっては老人ホームなどの「介護施設」という選択肢も出てくる。それら施設を選ぶ際、設備やサービス内容ばかり注目されるが、実は大切なのが「入居時期」だ。

 老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)などが掲げる入居条件の大半は、「60歳から65歳以上」で、介護認定がなくとも入居できる施設が増えている。しかし実際には、60代で入居する人は少ない。

 全国有料老人ホーム協会の最新の調査(2014年)によれば、介護付き有料老人ホームの入居者の平均年齢は85.7歳で、サ高住は82.1歳だ。

「要介護認定を受けたか、あるいは健康でも体力が衰えて将来の不安を抱き始める年代で入居するケースが多い」(介護アドバイザーの横井孝治氏)

 平均在所期間は3~4年というから、晩年のわずかな一時期を施設で暮らす人が多いようだ。だが老人ホームは、「早く入って長く暮らす」ほうが得になるケースが少なくないと横井氏が続ける。

「一般に介護が必要になるのは早くて71歳と言われており、歩行や自力でお風呂に入るのが難しくなり始めるのが75歳頃です。この時期に施設に入る人は、1年あたりの家賃相当額も安くなり、結果的に得をするケースが多い」

その根拠となるのが入居費用の支払い方法だ。一般的に老人ホームの支払い方法は「入居一時金+月払い」と「完全月払い」の2通りあり、入居一時金プランではまとまった初期費用を払うため、月額費用が安くなる。

 たとえば入居一時金が1000万円という一般的な施設の場合、「入居一時金方式」では家賃や介護料、食費などを含む月額は20万円だが、「完全月払い方式」だと月額40万円ほどになる。

 この場合、入居から5年経過すると支払総額は完全月払いのほうが約200万円多くなり、以降は毎年240万円の差が出る。

 もちろん、ギリギリまで在宅介護を貫いて最後の1~2年だけ月払いで施設に入れば経済的負担は少なくて済む。だが、自力の生活が難しくなった時点で一時金方式を用いて入居すれば、長く住むほどにお得感が出て、さらに家族の負担も軽減できる。横井氏が続ける。

「家族が介護のために仕事を辞める“介護離職”などの問題もある昨今、早く入るほどにお得な『一時金方式』は、それを回避する一つの方法です。本人としても、まだ自力で動ける時期から入居しておけば、自身のQOL(生活の質)も維持できます」

 その際に注意すべきは、将来的な医療の必要性まで考慮して「医療対応可能」のホームにすることだ。

「入居したては元気でも、途中で胃ろうや経管栄養などが必要になった際、医療対応不可能の施設なら転居を求められます。将来的な医療対応まで考えたホーム選びを推奨します」(同前)

※週刊ポスト2018年2月16・23日号

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ