現場では複合的な問題を解決するために従来の縦割り的な行政機能では複合化する問題を解決することができない為、関係者の協議の場が必要だと感じている方々が多くいます。   

愛媛県宇和島市では居住支援法人が自主的に立ち上がって、行政と連携をとりながら、居住に関する問題のコーディネートに当たるという体制を作ろうする動きが始まっています。

行政に身元保証課を設置して欲しいというケアマネのXが拡散していますが、行政にもその予算と人材に限界があります。

そこで、行政が主となって、居住支援法人を巻き込んで支援チームを作り、身寄りの無い高齢者の生活支援をしようという試みが始まって来たといえます。

ケアコミュニティ